変拍子

デイヴ ・ブルーベック

デイヴ・ブルーベックは1920年12月6日、カリフォルニア州コンコードに生まれました。ウェストコースト・ジャズの代表的なピアニストとして知られています。

代表曲の「テイク・ファイヴ」は、変拍子の曲の中でも、もっともポピュラーな曲といっていいかもしれません。5拍子で淡々と進行していく「テイク・ファイヴ」では、長年の盟友である、アルトサックス奏者のポール・デスモンドとのコンビネーションが抜群でとても気持ちのいい曲に仕上がっています。

デイヴ・ブルーベックの曲は、変拍子でありながら、複雑な曲はあまりなく、かなり取っ付きやすい曲が多いので、変拍子入門にはもってこいだと思います。

The Dave Brubeck Quartet – Take Five (1961)

Blue Rondo A La Turk – Dave Brubeck