変拍子

ジェントル・ジャイアント

技巧派として知られている、英国のプログレッシブ・ロックのバンド、ジェントル・ジャイアントは、1970年にデビューしました。

哲学的な歌詞と、複雑な曲の構成が特徴ですが、それでいて叙情的で親しみやすさのあるところがジェントル・ジャイアントが卓越している部分です。絶妙なコーラスワークなどが、この親しみやすさを支えていると思われます。

メンバーは全員、マルチプレーヤーで、ライブなどでは次々に楽器を持ち替えて演奏するなど、他のバンドにはないパフォーマンスも見せてくれていました。

残念ながら、1980年に活動を停止してしましました。

Gentle Giant – Proclamation

Gentle Giant – Funny Ways – 16mm Film – 1974


■ディスコグラフィ■
ジェントル・ジャイアント (1970年)
アクワイアリング・ザ・テイスト (1971年)
スリー・フレンズ (1972年)
オクトパス (1973)
イン・ア・グラス・ハウス (1973)
ザ・パワー・アンド・ザ・グローリー (1974)
フリー・ハンド (1975)
インタビュー (1976)
プレイング・ザ・フール (1976)
ザ・ミッシング・ピース (1977)
ジャイアント・フォー・アデイ (1978)
シヴィリアン (1980)