変拍子

ウェザーリポート

1971年に結成されたウェザー・リポートは、当時のジャズシーンに革命を起こしました。

マイルス・デイヴィスの元で活躍していたキーボードのジョー・ザヴィヌルと、サックスのウェイン・ショーターの二人によるコンビネーションは、透明感のある、心地よい音楽を作り出しています。

1976年にベースのジャコ・パストリアスが参加すると、バンドの人気は頂点に達しました。

ウェザー・リポートが、現在のフュージョンシーンの礎を築いたといっても過言ではないでしょう。

変拍子の曲ではありませんが、代表曲である「バードランド」は、今でもさまざまなアーティストの手により、リメイクされています。

Weather Report – Birdland

(※変拍子ではありません)

Weather Report-Teen Town


■ディスコグラフィ■
ウェザー・リポート(1971年)
アイ・シング・ザ・ボディ・エレクトリック(1972年)
ライヴ・イン・トーキョー(1972年)
スウィート・ナイター (1973年)
ミステリアス・トラベラー(1974年)
テイル・スピニン(1975年)
ブラック・マーケット(1976年)
ヘヴィ・ウェザー(1977年)
ミスター・ゴーン(1978年)
8:30 (1979年)
ナイト・パッセージ(1980年)
ウェザー・リポート(1982年)
プロセッション(1983年)
ドミノ・セオリー(1984年)
スポーティン・ライフ(1985年)
ディス・イズ・ディス(1986年)