変拍子

ベラ・フレック&ザ・フレックトーンズ

唯一無二の演奏で知られるバンジョー奏者、ベラ・フレックが率いる超絶技巧派バンドがフレックトーンズです。

バンジョーといえばブルーグラスをイメージしてしまいますが、ベラ・フレックは、ジャズ、ファンク、クラシックなど、ジャンルを超えたバンジョー奏者として、バンジョーの世界に革命をおこし続けています。

ニューヨーク生まれ、15歳の頃からバンジョーの魅力にとりつかれたベラ・フレックは高校卒業後より早くもプロとしてのキャリアをスタートさせ、その演奏スタイルは脚光を浴び続けてきました。

90年代に入るとサックスのジェフ・コフィン、ベースのヴィクター・ウッテン、そしてパーカッションのフューチャー・マンと共にベラ・フレック&ザ・フレックトーンズを結成し、その人気を不動のものとしました。

Bela Fleck And The Flecktones – Next

“Hoedown” by Bela Fleck and the Flecktones

■ディスコグラフィ■
ヒドゥン・ランド(2006年)
B000FJHFDQ


テン・フロム・リトル・ワールズ(2003年)
B0000CD89R


ライヴ・アット・ザ・クイック(2002年)
B000063VSS


アウトバウンド(2000年)
B000051T9P


UFO Tofu(1992年)
B000002MF7


フライト・オブ・ザ・コズミック(1992年)
B0000652HL


Drive(1988年)
B0000002IS