変拍子

クラシック

ストラヴィンスキー

イーゴリ・フョードロヴィチ・ストラヴィンスキーはロシアの作曲家で、1882年6月17日に生まれ、1971年4月6日に亡くなりました。
代表作品は「火の鳥」、「ペトルーシュカ」、「春の祭典」などです。この3作品はバレエ曲の代表作としても知られています。
「春の祭典」は、クラシックの中でも特に変拍子が目立っている曲です。その難易度は、指揮者泣かせの曲として知られています。
「第2部 生贄の儀式」の中の「生贄の踊り(選ばれし生贄の乙女)」の変拍子の嵐は圧巻です。

小澤征爾/「春の祭典」